利用者が教えるZenfone5のおすすめケース

*

丁寧な作りのASUSZenFone5手帳型ケースカバー「mercury FANCY DIARY」

   

ASUSZenFone5(ゼンフォン5)の手帳型ケースカバー「mercury FANCY DIARY」の紹介です。

こちら(http://digi-op.com/detail.php?ItmID=2187)から購入できます。価格も1300円ほどと、手帳型ケースカバーにしては安い方だと思います。

未開封時

zenfone5case002

裏面

韓国で人気のブランドである「Mercury(マーキュリー)」ブランドの手帳型ケースです。

開封

正面

表面のレザーは、手触りが良いです。愛着のもてるものとなっています。

マグネットタイプ

とめ具は、マグネットタイプを使用しており、簡単に手帳を開いたり、閉じたりできます。

手帳を開く

手帳を開くと、左側には、クレジットカードや名刺などを入れられるポケットが2つ付いています。

装着部分

右側は、Zenfone5本体を装着できる部分となっています。側面には、ケースカバーを付けたままでも、Micro-USBポート等が使えるようになっています。

付けたままで、充電も可能です。

マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック

マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックも使えるようになっていますので、ケースカバーを付けたままヘッドフォンやイヤホンで音楽を聞くことができます。

Zenfone5を装着してみる

付けたままの状態

装着時

Zenfone5本体にケースカバーをつけてみると、装着はとても簡単で、外す時も外しやすいです。

本体とぴったりフィットします。上下左右に振っても、ズレることはありません。

装着時の操作

ケースカバーを付けたままでも、Zenfone5を起動させる・電源を切る、音量を上げる下げるといった操作もできます。

手に持ってみる

手にもつ(横)

手に持ってみると、Zenfone5本体のみとは違い、厚みが増すので、多少持ちにくくなるかもしれません。特に女性は手が小さいので持ちにくくなるかも。

裏面

裏側をのぞくと、カバーを付けたままでも、カメラで撮影ができるようになっています。写真を気軽に撮ることができます。

ストラップ

ケースカバーには、ストラップ用に穴が開いています。自分の好きなストラップをつけることもできます。

ちなみに、Zenfone5本体では、ストラップをつけることはできません。

比較

ハードケースと比較

裏面

手帳を開いた状態とハードケースを比較してみると、横幅は手帳型の方が幅が広いです。

感想

Zenfone5本体にケースカバーをつけて、手にもったときの手触りが心地よく、愛着のもてるケースだと思いました。

クレジットカードやICカードなどを収納できるポケットもあり、実用的で使いやすいです。

 - ケース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
Zenfone5専用の防水ケースはありますか?

Zenfone5専用の防水ケースについて解説しています。 防水とは? 防水とは、 …

no image
Zenfone5専用の純正ケース

Zenfone5専用のメーカー純正ケースについて解説しています。 View Fl …

no image
Zenfone5専用の耐衝撃ケースは存在するのか?

Zenfone5専用の耐衝撃ケースについて解説しています。 耐衝撃性とは? 耐衝 …